アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ラベンダー」のブログ記事

みんなの「ラベンダー」ブログ

タイトル 日 時
ラベンダーの定番、グロッソ。
ラベンダーの定番、グロッソ。 ラヴァンディン系グロッソです。蒸し暑い日本の気候に強く、香もよいので精油を採るために広くヨーロッパで栽培されているラベンダーです。樹形もかなり大きくなるのでたくさん収穫でき、ポプリやラベンダーティックやバスケットなども作りやすい。(鉢植えでも、地植えでも野ざらしで大丈夫)初心者の方にはぜったいおすすめです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/08 10:31
ラベンダー人気NO1 !
ラベンダー人気NO1 ! ラベンダーの人気ナンバーワンは今年もココナッツアイス。例の手違いでつぼみのうちに摘まれてしまった摘み残しが咲きました。せっかくですのでUPします。つぼみのうちは真っ白で花はピンクで綺麗です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/04 10:22
簡単 ! ラベンダースティックの作り方
簡単 ! ラベンダースティックの作り方 ラベンダースティックはラヴァンディン系(グロッソ、スーパーセビリアンブルー等)が茎が長くてしっかりしているので適していると思います(イングリッシュ系でも出来ないことはない)。女房殿に手伝っていただいて作りました。以下、作り方をご紹介します。@花穂のついたものを13本収穫し、長さ茎下25cmぐらいにカットし、葉も落としておきます。A花穂の首元をリボン(長さ1.7m〜2.0m、幅9mm)で2、3回きつく巻いて縛ります。B縛った首のところで茎を、花穂を包むように折り返します。C短い方のリボンは隠れるよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/01 10:30
ラヴァンディン系ラベンダー
ラヴァンディン系ラベンダー ラヴァンディン系ラベンダーです。8年前にいただいたものを移植(地植え)したもので名前が分かりません。茎と葉相はラヴァンディン系で間違いないと思います。このラベンダーは繰返し咲します。幹も太くなり幹回りが10cmもあります。花が咲き終わるころ花茎を切戻してあげると他のたくさんの枝からまた花が咲きます。一昨年は霜が降りる頃まで咲いていました。珍しいラベンダーです。せっかくなのでこのラベンダーで、ラベンダースティックを作りました。次回、ご紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/30 11:14
'ブルーマウンテン'・コーヒーではありません
'ブルーマウンテン'・コーヒーではありません こちらイングリッシュ系ブルーマウンテン。コーヒーみたいなネームです。茎が細く紫の濃い種類です。このラベンダーが終わると、次はラバンディン系の登場です。めっちゃこちらの気候に強い、いわゆる強健種です。ぼちぼち咲き始めています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/26 09:32
強い! ラベンダー原種
強い! ラベンダー原種 スパイクです。ラベンダーの原種です。これは、イングリッシュ系ラベンダー(アングスティフォリア)、ラヴァンディン(交配種系)、ストエカス系、プテロストエカス系(レースラベンダー)、いずれも属さない種類です。スパイクとイングリッシュを交配して作られたものがラヴァンディン系(グロッソ、スーパーセビリアンブルー等)だそうです。バラでいえばノイバラみたいなもので、原種スパイクは耐寒性、耐暑性があり強健種です。雨にも負けず、風にも負けずというところでしょうか。花穂の色もパープルというか水色に近いです。他の紫... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/25 11:38
ヒドコート
ヒドコート  イングリッシュ系ヒドコートです。雨に弱いイングリッシュラベンダーの中で鉢植えで外に置きっぱなしですが生き残っています。もうだめかなと思っていると春になりすくすく枝を出します。丈はあまり長くならないし、花色も、特につぼみの濃紫が鮮やかでベランダや手すりにおいてなるべく雨に当たらないようにしてあげるとよいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/23 10:04
挿し木から2年目で・・・
挿し木から2年目で・・・ こちら、富良野で開発されたのおかむらき(イングリッシュ系)です。冨田ファームでは香水などのエキスはもっぱらこのラベンダーから採取するようです。花色は濃い紫に比べるとややパープル系で、カンファーもきつくなく爽やかな香がします。冨田ファームで栽培されている種類のほとんどがこの種類でした。おかむらさきを地植えと鉢植えとでやってみましたが地植えの方は大きくなりましたが3年で枯れてしまいました。イングリッシュ系は雨の多い関東の平地ではやはりなかなか難しいようです。こ写真のものは枯れる前に挿し木で苗を育て鉢... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/20 09:54
簡単 ! ラベンダーの挿し木
簡単 ! ラベンダーの挿し木 富良野冨田ファームのこいむらさきです。いまがちょうど見ごろです。なんといっても、イングリッシュラベンダーは姿よし、香よし、色彩もよしでラベンダーの女王様です。イングリッシュラベンダーは12種類、鉢植えでありましたが、今残っているのは5種類になってしまいました。万が一の場合にそなえ、今年は、挿穂でたくさん増やしたいと思っています。挿穂(挿し木)は親と全く同じものができるという点が一番のメリットです。挿し穂をする場合、時期的には6から9月ぐらいがよいと思います(穂の出具合により時期を選んでください)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/19 10:35
こいむらさきがいまつぼみです。
こいむらさきがいまつぼみです。 昨日の濃い紫です。今日は、朝から落ち込んでいます。雨のせいはありません。イングリッシュローズの季節到来ということで、一日一日の成長を楽しんでいるのですが。なんと一番大事ないまにもピンク色に膨らみそうだっ5年目のコナッツアイスの花穂が刈り取られていました。それも3鉢ぜーんぶ。昨日、私が出勤前にあわただしく、「それ白いとこ全部きっといてね。」と女房に言ったのがまずかった。ココナッツアイスの隣のプチハートの白くなった花のことを言ったのに、なぜか勘違いしてしまったらしい。「OH! MY GOD!」、ココ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/03 11:34
ラベンダーの寿命は・・・
ラベンダーの寿命は・・・ スパニッシュ系が終わり、こちらでは、ぼちぼちイングリッシュラベンダーの開花期となりました。この濃い紫(濃紫3号)は富良野の冨田ファームのものです。4年前に送ってもらい、鉢植えで今年も順調です。まだつぼみですが濃い紫のいろがじつにきれいです。この濃い紫のなかからパープルの小さい花が無数に開いてくると、濃い紫とパープルの色コントラストがまたなんともいえません。ファームのラベンダーは収穫して香水や商品にする為ほとんどがおかむらさきかたまにラバンディン系です。おかむらさきも綺麗ですが(私のところでは3年... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/03 11:13
ラベンダーは鉢植え、それとも地植え?
ラベンダーは鉢植え、それとも地植え?  ヘルメスデールです。ストエカス系はこの花で終わりです。ストエカス系が終わると、今度はいよいよコモン系のラベンダーです。イングリッシュラベンダーはストエカスとは違い地植えの方は大きくなる前にいつの間にか全滅してしまいました。現在残っているのは全て鉢植えです。雨が多い関東ではなかなか難しいのかなぁ、と思っています。高温多湿に特に弱いようで、地植えの場合は管理がなかなか大変です。鉢物でも雨が続くときは軒下に移動させています。地植えの場合は、強健種のストエカス系かデンタータ系、ラバンジン系(イングリッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 10:49
マーシュウッド
マーシュウッド  ストエカス系マーシュウッドです。3本植えてあったのですが、他のものを植えたくて、残念ですが1本だけ残し2本抜いてしまいました。庭が狭いので仕方ありません。マーシュウッドは成長が早く幹も太く丈が長くなりますので結構場所をとります。昨年は花芽がたくさんついて見事な開花でしたが、大きくなりすぎたのでこれも剪定時に深く刈り込みしすぎて今年はちっょとさびしいです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/26 09:54
ラベンダーの剪定で・・・
ラベンダーの剪定で・・・  ストエカス系エンジェル、鉢植えです。エンジェルも咲きましたが昨年と比べると今年は花のつき方が少ないです。原因は、たぶん昨年の剪定の仕方ではないかと思います。3年目なので樹形をそろえようと思って、葉枝を深く刈り込んでしまったような気がします。鉢植えだけでなく地植えも全般に同じ傾向が見られるので、そうではないかと思っています。ラベンダーは深く刈り込んでは多分いけないのです。ラベンダーは木なので葉を残さず切ってしまうと枯れてしまいます。根元から新しい茎はまず出てきません。葉の部分は3分の2程度は残し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 10:13
ラベンダー・ストエカス
ラベンダー・ストエカス  今日は、朝から大雨。昨日撮っておいたものです。スパニッシュ系のストエカスがちょうど見ごろになりました。ストエカス系がいく種類か咲き始めましたが、植える場所がなく仕方なしに雨ざらしにしておいた鉢植えの方は、今年はあまり調子よくありません。デンタータ、ストエカス系は、できれば地植えの方がお勧めです。ほおっておいてもすぐに大きく丈夫に成長するので幹もがっしりして太く枝もたくさん張ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/20 10:23
ラベンダー・デンタータ
ラベンダー・デンタータ  いよいよ、ラベンダーも季節到来というところです。地植えのデンタータですが、今年も一回り大きく育って花穂もかなりビッグです。二月ごろからちらほら咲いていました。デンタータはめっちゃ寒さ暑さに強くタフなラベンダーです。葉形が歯形のようなのでデンタータと名前がついたらしいです。先日、笠原小(水戸市)の花壇ですごい群生しているのを見て驚きました。苗から育てて、4年目ぐらいだそうです。手入れが行き届いて形もきれいでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 11:22
ラベンダー・ピナータ
ラベンダー・ピナータ  プテロストエカス系ラベンダーのピナータです。葉がレース状なのでレースラベンダーともいいますね。寒さに弱い(耐寒温度0℃)ので昨冬は鉢植えを夜は室内に取り込みました。本来四季咲きなのですが、昨秋、誤って剪定し過ぎたため今年は花のつきが悪いです。それでもなんとか持ちこたえて今年、今、やっと咲きました。庭に植える場合は、霜が降りるまで1年草として利用したほうがよいです。このラベンダーはカンファーの匂いがきつくてハーブとして利用は出来ません。もっぱら観賞用です。花姿はラベンダーの貴婦人という感じで清楚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/15 07:29
はまなすの南限は茨城県。
はまなすの南限は茨城県。  画像は、旭川市で撮ったものですが、はまなすの南限は茨城県だそうです。そういえば、鹿嶋市(旧大野村)にはまなす公園がありました。はまなすはローズの仲間で、果実にはビタミンCがたくさん含まれていて、果実酒などで利用されることが多いようです。「はまなすの咲く頃・・・」知床旅情・・・いかにも北海道を代表する花という感じですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/22 07:11
忠和公園のラベンダーA
忠和公園のラベンダーA  忠和公園の西側のラベンダーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/21 07:07
忠和公園のラベンダー@
忠和公園のラベンダー@  旭川市中和公園のラベンダーです。たぶん、濃い紫だとおもいます。今年の、北海道のラベンダーは例年より1週間遅れだそうです。1週間前に撮ったもので、3分咲きでした。富良野も今週あたりが見ごろだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/21 07:03
ばーちゃんラベンダー
ばーちゃんラベンダー  庭の主、ばーちゃんラベンダーが咲き始めました。6年前に親戚から頂いたラベンダーを山茶花の下に植えておいたもので、ラバンディン系ラベンダーのようなのですが、当の親戚でも名前は分からないそうです。幹は太いところで径2.5cmもあります。ラベンダーは常緑性低木ですから、年数がたつと、まさしく「木」であることが分かります。ラベンダーの寿命は10〜15年ともいわれます。肥料もやらない、水もやらない、ほったらかし(秋に剪定はしますが)でも、アメニモマケズ、カゼニモマケズです。我が家のラベンダーたちを見守り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/06 07:24
グロッソA
グロッソA  グロッソ(3年生)2鉢です。来年はもっと大きな鉢をと思い、手ごろで、しかも、ラベンダーに似合いそうなものを、花木センターなどで探していましたが、やっと見つかりました。よく街路の歩道などに置いてあるコンテナ風木製鉢(直径約45cmぐらい)にしました。材質は枕木の古材のような硬い木なのでそうとう丈夫そうです。1個、4,500円でしたのでおもわず3個買ってしまいました。花が主役だとすると鉢はステージです。前から気に入っていたお店の売り物でない鉢を、どうしてもということでねだって売っていただいたり、最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/05 07:26
グロッソ
グロッソ  ラバンディン系グロッソが今、盛りです。南フランスでグロッソ氏が作り出した交配種のラベンダーです。花も美しいコモン系(アングスティフォリア系)と、野性味かおる丈夫な性質を持つスパイクラベンダーの長所をミックスさせた、いわば、「いいとこどり」のラベンダーです。ラバンディン系ラベンダーは、が体が大きく、葉茎、花茎が長いのですぐに分かります。茎が長いのでスティックなどのクラフトに最適です。耐暑性、耐病性も強く、ただ一つラベンダーを栽培するとしたら、グロッソがオススメです。3年目ですが直径60cm〜にな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/04 07:18
ラベンダー・ラバンディン
ラベンダー・ラバンディン  ラバンディン系ラベンダーです。アラビアンナイト、ミスドニングトン、デーリーデーリーの3種類ですが、みな似ているのでどれがどれか分からなくなってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 08:13
ラベンダー・ブルーマウンテン
ラベンダー・ブルーマウンテン  コモン系遅咲きのブルーマウンテン(2年生)です。このラベンダーが、私は一番好きです。ラベンダーの花の色はほとんどが紫色ですが、種類によって微妙に濃さや、彩りが違います。当初、私がイメージしていたブルーマウンティンは開いた花穂の部分がワイン色、房はパープルでした。でも、今年見るとやや、そういう感じには見えます。ブルーマウンテンはほかのラベンダーと比べて茎がやや細く、清楚で、そのたたずまいに気品があります。これで今年のコモン系は終わりです。引継ぎはラバンディン系(交配種、雑種)です。ラバンディンも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 07:01
おかむらさきA
おかむらさきA  地植えのおかむらさきです。5分咲きというところでしょうか。花壇をおかむらさきでいっぱいにしようと思い、昨年、6株苗を植えましたが、2株だけしか大きくなりませんでした。期待がはずれてしまいました。花が終わったら、その2株を鉢植えにし、今度は、ここの場所には大きくなった鉢植えのストエカス系エイボンビューを植え替えよかなと思っています。ローズマリーでもいいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/25 17:47
おかむらさき
おかむらさき  コモン系遅咲きラベンダーの開花が始まりました。鉢植えのおかむらさきです。どうも地植えより鉢植えのほうが早く開花するようです。富良野では殆どがこのおかむらさき。観賞用サイトではこいむらさきという感じです。7株ありましたが、順調なのは3株だけで、とくに地植えのほうでの4株が大きくなりませんでした。環境に合わなかったのだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/24 08:22
ラベンダー・デンタータのさし木
ラベンダー・デンタータのさし木  例の、お化けデンタータのさし木です。親株と同じ性質を持つ株を手軽に増やすには、さし木 が便利です。なんといっても親株と同じDNAですから、間違いなく同じものになります。茎の部分がやや硬くなった若い枝を使います。節のすぐ下を斜めにカット、1時間ぐらい水揚げしてから、赤球小粒や水はけの良い土に挿します。1週間ぐらいは半日陰に置き、水やりは毎日します。その後は根腐れれしない程度に1日おきぐらいに水やりをします。1ヶ月ぐらいしたら根が着きますので、それからビニールポット植え替えをします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 08:01
ラベンダーの手入れ
ラベンダーの手入れ  ラベンダーは、水やるな! 肥やしやるな! 日当たり! 風通し! 水はけ! が栽培のコツといいます。まず、ラベンダーは乾燥気味に育てることが基本です。庭植えの場合は、植え付け後には水はやりますが、根付いたあとは自然に任せます。鉢植えのほうは表面の土が乾いたら水やりをします。夏は、わたしは夕方涼しくなってから水やりをします。花の収穫が終わったら、苦手な夏を乗り切るために、花が咲かなかった枝を切戻し、枝をすかして、株の内側まで風と日光が届くようにします。ラベンダーは蒸れに大変弱いので、枝にこびりつい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/22 07:40
ラベンダー・ロイヤルパープル
ラベンダー・ロイヤルパープル  コモン系ロイヤルパープル(小型種)。花穂がうす紫色で爽やかな色です。2年目ですが、耐暑性もあり、栽培しやすい種類です。花が咲くとほかの種類とは明確に色が違うので、ネームプレートがなくても覚えやすいです。そろそろ庭の早咲き系は終期に入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/21 07:24
ポプリに。。。
ポプリに。。。  遅ればせながらこいむらさきを収穫しました。ポプリにしようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/20 17:09
トゥルー、満開 !
トゥルー、満開 !  トゥルーも、満開です。紫色が多い中、白いラベンダーはひときわ目立ちます。ラベンダーは紫だからよいという人もいますが、黄色ラベンダーや赤ラベンダーなど、ほかの花のようにさまざまな色があったらもっと楽しいでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 07:42
咲かせてしまいました。こいむらさき
咲かせてしまいました。こいむらさき  今日こそはと思いながらも、今日も収穫できませんでした。こいむらさきも、いま、全開です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 17:48
ヒッドコート
ヒッドコート  ラベンダー・ヒッドコートです。コモン系ではポピュラー種、濃い紫の蕾がきれいなので、数年、手元において観察しておりますが、もともと小型種ではありますが、それにしてもほかのものと比べてもなかなか株が大きくなりません。昨年も、苗をほかのところから仕入れましたが、前のものと同じような感じです。管理のしかたがまずいのか、環境に適合しないのか、よく分かりません。どうも、わたしとは相性が良くないみたいです。でも、今年も、それなりにきれいな蕾が膨らみ始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/16 07:20
ラベンダーようていが全開間近!
ラベンダーようていが全開間近!  いよいよ、ようていも開花です。蕾の先が濃い紫色に変化して、さらに、薄紫色の花穂がちらちら2、3分咲きのこのころのラベンダーが私は一番好きです。このころが香りが一番よいようで、ステックやドライにするには頃合です。この時期になると満開への期待感と咲ききらぬうちに刈り取らなければならないラベンダーへの哀惜の思いが心の中で渦巻きます。寒い冬を乗り越えてやっと花開いたラベンダーたちです。もう1日、もう1日となかなか収穫できません。毎日、憂鬱な日々をすごしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 10:18
ようてい、も・・・
ようてい、も・・・ 今朝、ラベンダーようていです。今日の午後から日曜まで雨予報でしたので、急いで撮りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 09:44
ココナッツアイスも咲き始めました
ココナッツアイスも咲き始めました  ココナッツアイスがピンクの花をつけ始めました。ラベンダートゥルー(白色)と並べておいたので、蕾はどちらも白色で、しかも同系でしたので、どちらがどちらか紛らわしくなってしまっていましたが、トゥルーは花も白なので、ここにきてはっきり区別できるようになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 10:18
こいむらさきが咲きましたB
こいむらさきが咲きましたB  待ちに待ったこいむらさきが咲きました。梅雨空に困惑しながら、もどかしそうに、今年もやっと咲いてくれました。蕾の色は濃い紫ですが花はパープル色で可憐な感じです。ラベンダーにとって、とくにコモン系はこれからの時期、湿気が多く蒸す日本の夏は苦手なので気が抜けません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/12 21:08
ラベンダー・ココナッツアイス@
ラベンダー・ココナッツアイス@  ラベンダーで常に人気上位のココナッツアイス(コモン系、薄桃色小型種)です。通販の苗のものは2年たってもまだ貧弱なのですが、同時期に近くの花木センターで購入したものは同じ2年目ですが、株がしっかりしています。蕾はまだ白ですが、ここにきていっきに膨らんできました。苗にも当たりハズレがあるので、いいものに当たると嬉しいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/07 21:01
摘み取りラベンダー・ストエカス
摘み取りラベンダー・ストエカス  今朝、ストエカス系の摘み取りをしました。ラベンダーは種類に問わず蒸れに弱いので、ついでに切戻しをし、風通しが良くなるように、さらに、下葉を刈り込みました。ストエカスの摘み花はカンフー臭がきつくてあまりよい匂いではありませんのでドライフラワーなどにはむかないと思いますし、ストエカスの適当なリサイクル案が浮かびません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/04 08:43
スクスク、ラベンダーの苗
スクスク、ラベンダーの苗  昨年10月にさし穂したラベンダーの苗です。グロッソとおかむらさきが半分づつです。ラベンダーは、さし穂でどんどん増やせます。半年でもうこなんなに大きくなってしまいました。花茎も一丁前にどんどん伸びてもうすぐ開花です。欲張って他の種類もたくさん作ってしまったので大きくなるにつれて管理が大変 !ということに気づきました。鉢は100円ショップで買い集めておいたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/03 07:55
ラベンダー・こいむらさきA
ラベンダー・こいむらさきA  今朝の、こいむらさきです。つぼみが膨らんでくるにつれて蕾の色も薄紫から濃い紫に・・・ 来週あたり開花か。。。関東なので、たぶん、富良野よりも1ヶ月ぐらい早いのではと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/02 11:37
マーシュウッドA
マーシュウッドA (5/10)今日のマーシュウッド(地植え3年目)です。蕾がだいぶ膨らんできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/10 06:54
ラベンダー・マーシュウッド
ラベンダー・マーシュウッド  今朝の、マーシュウッドです。ビリディスとストエカフの交配種だそうです。ニュージーランド産で現地では1mを越す大型種です。花の数が多く、見栄えがよく、香りもすばらしいです。ストエカフ系ラベンダーの中でも他のものより栽培しやすいですのでオススメです。マーシュウッドは白花もありますが、白花のほうは2年目の冬場に枯れてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 10:06
ラベンダー・ビリディス
ラベンダー・ビリディス ビリディスラベンダー(グリーンラベンダー)です。初めて咲きましたが、青麦の穂からちょうどビーズのクリーム色の小花が咲いているようで、それはそれなりにきれいです。このラベンダーはその他の種類のラベンダーに属し、かすかに柑橘系のにおいがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/06 15:44
ラベンダー・ストエカフ
ラベンダー・ストエカフ  今日のストエカフ(スパニッシュ系ラベンダー)です。ラベンダーは、コモン系(純系)、ラバンディン(雑種系)、フレンチ・スパニッシュ系、デンタータ系、レース系、その他に分かれるそうです。それぞれに花期が違い、それらが5〜7月まで順番に咲きます。ただ、デンタータとレースラベンダーは四季咲きで霜が降りるまで楽しめます。ラベンダーはなんといっても香りです。朝起きて庭に出てみると爽やかな香りが充満していて、すごく気持ちがいいので、早起きが癖になります。歳をとったということか(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 06:55
エイボンビュー(アボンビュー)
エイボンビュー(アボンビュー) 今日の、ストエカフ系エイボンビューです。2年目なので花木もしっかりして安心感がでてきました。三鉢のうち一鉢の一輪だけですが、今日、濃い紫の花が咲き始めました。もっと赤い花穂をつけるのかなと思っていたら以外と黒い。5月の連休あたり、いっせいに開花するのが楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/23 14:45
ラベンダー植替え
ラベンダー植替え  ラベンダーの植替えは、桜の花が咲く頃(北海道?)と聞いていたので、少し早い気もしましたが、グロッソと濃紫3号(写真のいちばん左)の鉢替えをしました。濃紫3号は2鉢あったのですが、秋ごろから調子が悪くなり冬までに枯れてしまいました。また、地植えのマーシュウッド(ストエカス系)の白花3本が枯れてしまったようで新芽が出てきません。他のストエカス系は成長が早いのでどんどん大きくなっています。これからの季節が楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/22 07:13
冬ごもり
冬ごもり 日当たりもよし、水はけもよし、風もよく通る、ラベンダーには一番適したスポットです。ここに、おかむらさきの苗を植えてちょうど1年が過ぎました。来年のため、強剪定をしておもいきり枝を落とし、いよいよ冬ごもり。来春まで冬眠です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/10 21:11
デンタータ
デンタータ デンタータ(フレンチ系四季咲き)まだ咲き誇っています。本来は9月に剪定するのですが、年末花が寂しいのでこの鉢だけ咲かせています。耐寒性があり−5°Cまで平気です。関東では−5°C以下になることは珍しく、鉢は北風の当たらない日当たりのよい場所に移動すれば冬篭りOKです。デンタータは丈夫なので栽培しやすいですが、この種類は水揚げが悪く、乾燥すると葉がすぐしおれます。夏場は毎日、冬の季節は3日おきに水やりをしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/03 17:51
ラバンディン系剪定
庭の主、ラバンディン系ラベンダーです。先月、強剪定をしてからちょうど1ヶ月になります。新芽がどんどん増えていて、もう、剪定時の切口はすっかり隠れてしまいました。12月にはいってから、根元が凍らないようにマルチンぐをしてあげれば、いよいよ冬の準備、OKとなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/11 07:39
ラベンダーの苗作り
ラベンダー、特にアングスティフォリア系(コモン系)は、日本の気候条件とかがなかなかむずかしい場合があり、枯れてしまうことがあります。そのためのストック用の苗を機会あるごとにそろえておこうと思います。土は、ポットの底に赤玉土をひき、今回はハーブの土を使ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/30 14:05
挿し木
先月、9/25に挿し木して1ヶ月経過したラベンダー(おかむらさきと、グロッソ)です。順調に行けば発根しているはずですが ? 今日、ビニールポットに1本づつ植え替える予定です。来春に、もう一度剪定時に他のラベンダーの挿し木を試みてみようと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/30 07:20
濃紫早咲き3号
 富良野の富田ファームから今夏、仕入れた早咲き3号です。たぶん三歳鉢だと思います。二つともたぶん蒸れないよう(北海道は梅雨がない)強剪定してありました。片方は枝もだいぶ痛んでおりましたが、枝すかしなどもしてここまで回復してきています。苦手な夏が終わり、秋は、ラベンダーにとって一番よい季節なので、持ち直してくれると思います。北海道で育ったものなので、関東の気候にはやく慣れてくれるといいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/29 07:14
レースラベンダー・ピナータ
 このラベンダーは、プテロストエカス系、原産はカナリヤ諸島で、葉がレースのようなラベンダーです。寒さに弱く0°C以下になると枯れてしまいますので、関東での地植えは難しいので鉢植えで栽培しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/14 21:31
環境づくり
ラベンダーは日当たりと、風通しが大切です。特にイングリッシュ系は環境に敏感です。来春用の地植え用花壇に立ちはだかるうっそうとした柘植と山茶花の垣根。明日は思いきって、少しでも日が当たるように垣根を低くしてしまおうと思います。チェーンソウで作業しますが明日は、一日はかかるだろうな。スーパーセビリアンブルー(日本種)が元気になり勢いがついてきました。草花はちょっとした気づかいなんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/02 07:54
グロッソ
3年目のグロッソ(ラバンジン系)です。7月末まで花穂をつけていました。株をさらに大きくするため、早めに花穂を切り取ってしまいました。アメニモマケズ、カゼニモマケズ、ナツノアツサニモマケズ・・がんばっております。ラベンダーは草の仲間ではなく常緑小低木、いわゆる木の仲間なので3年ぐらいすると幹もしっかりしてきて、家では今一番安心できるラベンダーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/24 07:21
ヒドコート
ヒドコート(アグスティフォリア系)1年生です。遅咲きなのか、この暑さにも負けず今頃になって立派に開花しています。香りも、癖がなくてよい香りがします。たたずまいは、デンタータと同じように茎が縦に伸び、のっぽ系です。2株あるのでうまくいけば4,5年後が楽しみしみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/21 20:11
花壇づくり
来春、ラベンダーを鉢から地植えに移す予定ですが、庭が狭くて空きスペースがなくなってしまいました。仕方なく、垣根の内側と駐車場脇の水道のまわりの花たちを引き抜いて、スペースを確保するしかありません。とくに、水道周りは芝も深いので、はがすのがたいへんです。明日は一日、花壇作りです。写真はデンタータです。地植えのえだったものを、水はけが悪く環境が悪かったので逆に鉢植えにしてあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/20 06:30
土と水
他のラベンダーの成長に比べて、近頃、スーパーセビリアンブルーの様子がおかしい。スクスク育っていないのだ。どうも、土と水やりが原因のようである。このラベンダーは、とくに思い入れがあってどうしても失敗は許されない。庭の花たちの朝の水やりのときに、分かっていてもついつい親心で水をあげてしまっていたのだ。土もあまりよい土ではなかったことを覚えている。植物の自生地は、いろいろ。それぞれの、自生地の環境にできるだけ近い用土を調合して選んであげるのが、植物を順調に育てるこつであった。そもそも、日本のラベンダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/18 07:23
マーシュウッド
鉢植えから地植えにしたところ、いきなりスクスク伸びてきました。 土を改良し、水はけをよくしてあげたのがよかったのかな。 よく通る家の庭で、花穂の頭にウサギの耳のような包を付け、見事に咲いていたのを見てどうしても欲しくなってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/16 20:56
毎日スクスク、ラベンダー
今、栽培しているラベンダーたちです。 ここのところ、雨の多い日が続きますが 鉢植えなので軒下に移動できるので安心です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/15 07:11
行ってきました富良野へ・・・
一度は行ってみないとラベンダーのことは語れないような気がして・・・ 時期的には遅いような気がしましたが、思い切って富良野へ行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/08 12:14
このラベンダーの名前は?
このラベンダーは、3年前に株分けしていただいたもので、こんなに大きくなってしまいました。 選定もせずにほったらかしにしていましたのでぼさぼさですが、この自然的なたたずまいが私は好きです。このラベンダーは5月中ごろには花茎がひゅんひゅん伸び始め後から後から花穂をつけてゆきます。もう終わりかなと思っていると、8月に入ってまた花茎がいっせいに、いきよいよく伸びています。4ヶ月もこんなに花期の長い種類ってあるのでしょうか。このラベンダへーの花茎は他のラベンダーと比べて細い様な気がします。花茎は最初い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/04 10:47
明日、福島県三春のハーブガーデンへ
自己紹介にも書いたように、いま、ハーブ、特にラベンダーに凝っています。3年前に親戚の農家の庭に茂っていたラベンダーの株を分けてもらい今では大きな幹になりたくさんの花を咲かせています。そして去年、通販で富良野の「おかむらさき」の苗を入手して地植えにして、いま盛んに花穂をつけています。来年はもっとおおきく成長すると思うので楽しみです。ラベンダーはなんといっても香りが良いので他のハーブより好きになってしまいました。前から行きたいと思っていた福島のハーブ園へ明日行っていろいろなハーブを見てこようと思いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/22 17:52

トップへ | みんなの「ラベンダー」ブログ

アフター5 ラベンダーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる