アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ハーブ」のブログ記事

みんなの「ハーブ」ブログ

タイトル 日 時
ブラックベリーA
ブラックベリーA 収穫したブラックベリーです。さっそくワイフがジャムにしてくれました。今朝、私はパンで、ワイフは自家製のヨーグルトで試食してみました。ワイフ曰く、ブルーベリーよりさっぱりしていてヨーグルトにはぴったりとの評でありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/20 08:02
ブラックベリーブロッサム
ブラックベリーブロッサム これは見事 ! ブラックベリーのブロッサムです。こんなにたくさんのブラックベリーは見たことありません。私の友人である浅野氏から、そろそろ、うちのベリーがつみごろだからという連絡をいただき、さっそく行ってまいりました。垣根いっぱいにべりーが覆いかぶさっていました。赤い実がやがて真っ黒くなると食べごろなのだそうです。ブルーベリーに比べると甘酸っぱくさわやかな味です。熟れたものを口につまみながら黒くなったベリーをたくさん収穫させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/20 07:51
オジェ
オジェ オールドローズ、マダム・ピエール・オジェの新苗ですが、一輪だけ咲かせてしまいました。新苗なのでつぼみは片っ端からピンチして今年は秋まで咲かせてはいけないと販売業者からいわれていたのですが・・・でも1輪だけですから(笑)。もう秋まで咲かせません。なるほどシルバーピンクの綺麗な色彩で、ティー独特の芳香です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/07/17 10:04
レモンタイム・オレガノ・カスミソウが・・・
レモンタイム・オレガノ・カスミソウが・・・ 左から、レモンタイム、オレガノ、カスミソウが一緒に咲きました。陰日なたのオレガノの茎がどんどん伸びてすごい今年はアッピールしています。オレガノの花はあまり目立たないのであれ、いつの間に!という感じです。レモンタイムは相変わらず爽やかなレモンの香です。朝、出勤するときに必ず手で触れて香を楽しんでゆきます。タイムは形が崩れるので収穫はしません。もっぱら観賞用です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/16 09:38
カールドンドライフラワーの巻
カールドンドライフラワーの巻 カールドンのドライフラワーを作ろうと思い風通しのよい小窓のある階段の踊り場の天井にぶら下げてみました。今回は自然乾燥で作ろうと思います。昨年は、車中に1週間、日光が直接あたらないようにして、いわゆる強制乾燥で試みましたが花の色が変色してうまく出来ませんでした。ものにもよるのでしょうが、今回は慎重に花粉を掃除機で吸い取りぶら下げてみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/15 10:12
世界一大きいアザミ?
世界一大きいアザミ? カールドンです。カールドンを改良したものがアーティチョークといわれています。カールドンとアーティチョークを並べて植えておいたのですが、アーティチョークの方は2年目でとろけてしまいました。今年3年目のカールドンですが、今年は2Fまで届きそうなほど巨大化しています。花はドライフラワー用に半分切り取ってしまいました。葉っぱがまた巨大で大きいものは2m近くにもなり、垣根を越えてとなりのIさん宅にもしばしばご迷惑をおかけしております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/14 09:56
ラベンダーの定番、グロッソ。
ラベンダーの定番、グロッソ。 ラヴァンディン系グロッソです。蒸し暑い日本の気候に強く、香もよいので精油を採るために広くヨーロッパで栽培されているラベンダーです。樹形もかなり大きくなるのでたくさん収穫でき、ポプリやラベンダーティックやバスケットなども作りやすい。(鉢植えでも、地植えでも野ざらしで大丈夫)初心者の方にはぜったいおすすめです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/08 10:31
ラベンダー人気NO1 !
ラベンダー人気NO1 ! ラベンダーの人気ナンバーワンは今年もココナッツアイス。例の手違いでつぼみのうちに摘まれてしまった摘み残しが咲きました。せっかくですのでUPします。つぼみのうちは真っ白で花はピンクで綺麗です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/04 10:22
簡単 ! ラベンダースティックの作り方
簡単 ! ラベンダースティックの作り方 ラベンダースティックはラヴァンディン系(グロッソ、スーパーセビリアンブルー等)が茎が長くてしっかりしているので適していると思います(イングリッシュ系でも出来ないことはない)。女房殿に手伝っていただいて作りました。以下、作り方をご紹介します。@花穂のついたものを13本収穫し、長さ茎下25cmぐらいにカットし、葉も落としておきます。A花穂の首元をリボン(長さ1.7m〜2.0m、幅9mm)で2、3回きつく巻いて縛ります。B縛った首のところで茎を、花穂を包むように折り返します。C短い方のリボンは隠れるよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/01 10:30
ラヴァンディン系ラベンダー
ラヴァンディン系ラベンダー ラヴァンディン系ラベンダーです。8年前にいただいたものを移植(地植え)したもので名前が分かりません。茎と葉相はラヴァンディン系で間違いないと思います。このラベンダーは繰返し咲します。幹も太くなり幹回りが10cmもあります。花が咲き終わるころ花茎を切戻してあげると他のたくさんの枝からまた花が咲きます。一昨年は霜が降りる頃まで咲いていました。珍しいラベンダーです。せっかくなのでこのラベンダーで、ラベンダースティックを作りました。次回、ご紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/30 11:14
'ブルーマウンテン'・コーヒーではありません
'ブルーマウンテン'・コーヒーではありません こちらイングリッシュ系ブルーマウンテン。コーヒーみたいなネームです。茎が細く紫の濃い種類です。このラベンダーが終わると、次はラバンディン系の登場です。めっちゃこちらの気候に強い、いわゆる強健種です。ぼちぼち咲き始めています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/26 09:32
強い! ラベンダー原種
強い! ラベンダー原種 スパイクです。ラベンダーの原種です。これは、イングリッシュ系ラベンダー(アングスティフォリア)、ラヴァンディン(交配種系)、ストエカス系、プテロストエカス系(レースラベンダー)、いずれも属さない種類です。スパイクとイングリッシュを交配して作られたものがラヴァンディン系(グロッソ、スーパーセビリアンブルー等)だそうです。バラでいえばノイバラみたいなもので、原種スパイクは耐寒性、耐暑性があり強健種です。雨にも負けず、風にも負けずというところでしょうか。花穂の色もパープルというか水色に近いです。他の紫... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/25 11:38
ティラノサウルスの雄たけび
ティラノサウルスの雄たけび 今年も咲きました、ガラニチカです。ちょうどティラノサウルスが吠えているような、雄たけびを上げているような形の花びらで、近くで見ると不気味といえば不気味です。セージ(サルビア系)で、どちらかというとガーデンの脇役で、丈は1〜1.5mぐらいになり花形が大きく茎にそって下から上に一直線に咲きます。茎がまた、黒色で品があります。茎芋で地植えにすると毎年増えます。できれば地植えがよいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/24 11:26
ヒドコート
ヒドコート  イングリッシュ系ヒドコートです。雨に弱いイングリッシュラベンダーの中で鉢植えで外に置きっぱなしですが生き残っています。もうだめかなと思っていると春になりすくすく枝を出します。丈はあまり長くならないし、花色も、特につぼみの濃紫が鮮やかでベランダや手すりにおいてなるべく雨に当たらないようにしてあげるとよいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/23 10:04
挿し木から2年目で・・・
挿し木から2年目で・・・ こちら、富良野で開発されたのおかむらき(イングリッシュ系)です。冨田ファームでは香水などのエキスはもっぱらこのラベンダーから採取するようです。花色は濃い紫に比べるとややパープル系で、カンファーもきつくなく爽やかな香がします。冨田ファームで栽培されている種類のほとんどがこの種類でした。おかむらさきを地植えと鉢植えとでやってみましたが地植えの方は大きくなりましたが3年で枯れてしまいました。イングリッシュ系は雨の多い関東の平地ではやはりなかなか難しいようです。こ写真のものは枯れる前に挿し木で苗を育て鉢... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/20 09:54
簡単 ! ラベンダーの挿し木
簡単 ! ラベンダーの挿し木 富良野冨田ファームのこいむらさきです。いまがちょうど見ごろです。なんといっても、イングリッシュラベンダーは姿よし、香よし、色彩もよしでラベンダーの女王様です。イングリッシュラベンダーは12種類、鉢植えでありましたが、今残っているのは5種類になってしまいました。万が一の場合にそなえ、今年は、挿穂でたくさん増やしたいと思っています。挿穂(挿し木)は親と全く同じものができるという点が一番のメリットです。挿し穂をする場合、時期的には6から9月ぐらいがよいと思います(穂の出具合により時期を選んでください)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/19 10:35
バラの鉢換え、土換えは毎年?
バラの鉢換え、土換えは毎年? 遅まきながら、ロゼット咲、レオナルドダビンチが開花しました。我が家のバラでは一番最後に咲くバラです。鉢を一回り大きくして土を換えたせいか、生き生きしています。鉢の土は毎年変えないといけないとは分かっていても手間がかかるので全部はなかなか出来ません。現在は最低でも2年に1回程度は植え替えをしています。バラに限らず土替えは非常に大事とのことです。鉢換えをしないと大きくならないばかりでなく、土のエキスを吸収して植物は育つのですから分かるような気がします。特に鉢植えの場合は土が限られていますので、地植え... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/18 10:38
金色に輝くバラ、ゴールド・・・
金色に輝くバラ、ゴールド・・・ 去年、鉄砲虫で枯れてしまったヤマボウシの枯れ木を支柱にし絡ませようと思ってホームセンターで買った黄色い中輪のバラです。名前は、ゴールド・・・覚えにくい名前なので忘れました。が、ぜんぜんつるが伸びません。花が咲いてみたら中輪でわりあいかわいいので、まあいいかと思っていたらやがて5〜6日たつと花びらが金色に輝き始めたのです・・・、それでゴールドなんとかなのかだったのです。そういえば2年前にもカクテルが鉄砲虫にやられました。近所に山林があるので結構虫の害は多いです。気をつけなければ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/13 11:15
野いちごとコモンセージ
野いちごとコモンセージ 今年は野いちごが旺盛です。次から次に赤くなるので朝つむのが面倒になりました。毎日食べていると飽きてきます。2,3日ほおっておくと、黒くぐちゅぐちゅになり汚くなってしまいます。コモンセージのほうは昨年切りすぎて今年は葉がほらほらでさびしいです。薔薇もそうですけど草花も種類によって剪定は様々なのでむづかしいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/11 09:43
やっぱり、マロウ
やっぱり、マロウ 園芸センターのつぼさんご売場で買ったので、当然つぼさんごと思っていたら2苗のうちの1つが、背丈がどんどん伸びてきてどこかマロウに似ているなと思っているとやがて花が咲き、やっぱりマロウでした。葉がよく似ているので多分売場に紛れ込んでいたのだと思います。そういえばマロウは種でやたら増えるので要注意です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 09:47
カレープランツの存在感。
カレープランツの存在感。 6年目、カレープランツの鉢植えです。その名のとおりカレーパウダーの匂いとそっくりですが大きくなるとそれほど強烈ではなくなるようです。昨年、枝半分枯れてしまいましたが枯れた幹の根本から新しい芽が10本ほど出てきたと思うと、元気に伸びて5〜6cmになりました。多分、寿命と感じたのでしょう。葉茎がかなり上にあがってきたところをみると、寿命を全うした感があります。今は、子孫を残すのを考えているのでしょう。カレープランツは花も葉も綺麗でおおきくなると存在感があり庭のアクセントになります。その伸びた芽でさし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/06 10:30
クリーピングタイム
クリーピングタイム ほとんど日のあたらない場所で、よくここまで勢力を伸ばしてきました。庭にはほかにレモンタイム、花タイム、コモンタイム、それからシルバータイムがありましたが、シルバーは全部枯れてしまいました(まさか1年草ではないですよね)。シルバーは綺麗なので庭では日当たりがよく条件の一番よいところに数株植えたものです。今年の冬を越す頃に枯れてしまいました。強健なタイムなので、考えられることは、寒さ、霜ぐらいです。露地植えはむずかしいのでしょうか。シルバーはもう買いません。でも、すごく綺麗なんですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/05 10:54
こいむらさきがいまつぼみです。
こいむらさきがいまつぼみです。 昨日の濃い紫です。今日は、朝から落ち込んでいます。雨のせいはありません。イングリッシュローズの季節到来ということで、一日一日の成長を楽しんでいるのですが。なんと一番大事ないまにもピンク色に膨らみそうだっ5年目のコナッツアイスの花穂が刈り取られていました。それも3鉢ぜーんぶ。昨日、私が出勤前にあわただしく、「それ白いとこ全部きっといてね。」と女房に言ったのがまずかった。ココナッツアイスの隣のプチハートの白くなった花のことを言ったのに、なぜか勘違いしてしまったらしい。「OH! MY GOD!」、ココ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/03 11:34
ラベンダーの寿命は・・・
ラベンダーの寿命は・・・ スパニッシュ系が終わり、こちらでは、ぼちぼちイングリッシュラベンダーの開花期となりました。この濃い紫(濃紫3号)は富良野の冨田ファームのものです。4年前に送ってもらい、鉢植えで今年も順調です。まだつぼみですが濃い紫のいろがじつにきれいです。この濃い紫のなかからパープルの小さい花が無数に開いてくると、濃い紫とパープルの色コントラストがまたなんともいえません。ファームのラベンダーは収穫して香水や商品にする為ほとんどがおかむらさきかたまにラバンディン系です。おかむらさきも綺麗ですが(私のところでは3年... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/03 11:13
チャイブは葱の仲間?
チャイブは葱の仲間?  花のつき方、姿が葱に似ているからなぁ、と、ずっと前から・・・じゃないかなと思っていたのですが、やはり葱でした。wikipediaによると、ネギ科で西洋アサツキまたはエゾネギとも呼ばれ、アサツキはチャイブの変形なんだそうである。やっぱりな。と妙にカンシンしてしまう自分がアホみたいです。それならばと試食してみたところ、味も少しさっぱりしたアサツキのようでありました。水戸納豆にあうかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/29 13:50
ラベンダーは鉢植え、それとも地植え?
ラベンダーは鉢植え、それとも地植え?  ヘルメスデールです。ストエカス系はこの花で終わりです。ストエカス系が終わると、今度はいよいよコモン系のラベンダーです。イングリッシュラベンダーはストエカスとは違い地植えの方は大きくなる前にいつの間にか全滅してしまいました。現在残っているのは全て鉢植えです。雨が多い関東ではなかなか難しいのかなぁ、と思っています。高温多湿に特に弱いようで、地植えの場合は管理がなかなか大変です。鉢物でも雨が続くときは軒下に移動させています。地植えの場合は、強健種のストエカス系かデンタータ系、ラバンジン系(イングリッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 10:49
マーシュウッド
マーシュウッド  ストエカス系マーシュウッドです。3本植えてあったのですが、他のものを植えたくて、残念ですが1本だけ残し2本抜いてしまいました。庭が狭いので仕方ありません。マーシュウッドは成長が早く幹も太く丈が長くなりますので結構場所をとります。昨年は花芽がたくさんついて見事な開花でしたが、大きくなりすぎたのでこれも剪定時に深く刈り込みしすぎて今年はちっょとさびしいです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/26 09:54
チェリーセージ・ピンク
チェリーセージ・ピンク チェリーセージのピンクが昨年よりもまた一回り大きくなって今年も、たくさんの花をつけています。ピンクはあまり見ないので、犬の散歩で通りかかる人が綺麗だねといってくれます。花も、綺麗だねといわれるとますます元気になるような気がします。花も、ほめられた、多分わるい気はしないのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/23 10:10
ラベンダーの剪定で・・・
ラベンダーの剪定で・・・  ストエカス系エンジェル、鉢植えです。エンジェルも咲きましたが昨年と比べると今年は花のつき方が少ないです。原因は、たぶん昨年の剪定の仕方ではないかと思います。3年目なので樹形をそろえようと思って、葉枝を深く刈り込んでしまったような気がします。鉢植えだけでなく地植えも全般に同じ傾向が見られるので、そうではないかと思っています。ラベンダーは深く刈り込んでは多分いけないのです。ラベンダーは木なので葉を残さず切ってしまうと枯れてしまいます。根元から新しい茎はまず出てきません。葉の部分は3分の2程度は残し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 10:13
ラベンダー・ストエカス
ラベンダー・ストエカス  今日は、朝から大雨。昨日撮っておいたものです。スパニッシュ系のストエカスがちょうど見ごろになりました。ストエカス系がいく種類か咲き始めましたが、植える場所がなく仕方なしに雨ざらしにしておいた鉢植えの方は、今年はあまり調子よくありません。デンタータ、ストエカス系は、できれば地植えの方がお勧めです。ほおっておいてもすぐに大きく丈夫に成長するので幹もがっしりして太く枝もたくさん張ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/20 10:23
ラベンダー・デンタータ
ラベンダー・デンタータ  いよいよ、ラベンダーも季節到来というところです。地植えのデンタータですが、今年も一回り大きく育って花穂もかなりビッグです。二月ごろからちらほら咲いていました。デンタータはめっちゃ寒さ暑さに強くタフなラベンダーです。葉形が歯形のようなのでデンタータと名前がついたらしいです。先日、笠原小(水戸市)の花壇ですごい群生しているのを見て驚きました。苗から育てて、4年目ぐらいだそうです。手入れが行き届いて形もきれいでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 11:22
チェリーセージ
チェリーセージ  うちの庭のチェリーセージです。学術名はオータムセージというらしいです。5年前に福島県までいって、やっと探して買ってきたものです。当時は、まだ、珍しかったのですが、ちかごろはどこの園芸センターにでも売っています。昨年は剪定しないでそのままほおっておきましたところ、枯れかかっていた昨年の枝にしっかり花がついてしまいました。そのせいか、株の根もとの方からは新しい枝はあまり伸びてきませんでした。樹形をもっさり型にするにはやはり、昨秋に短く刈切り込んでおけばよかったと思っています。枝の高いところにばかり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/16 14:21
キャットミント
キャットミント  今日も、今朝からそぼ降る雨でうっとうしい一日になりそうです。大事に育てた庭の花木も、うっかりするとうどんこ病になりかけてあわててしまうことがあります。今年は早めに農薬散布で予防対策と思っていたら、バラの葉の一部に白いカビが!。まさしくうどんこ病。バラをよそにグランドカバーのキャットミントのほうは病気知らず、今年も花を咲かせています。去年は、一株猫に食べられてしまいましたが、今年また蘇生し地面の上をどんどん広がっているところです。ところで、猫が食べるからキャットミントというのでしょうか、よく分か... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/14 10:18
花タイム
花タイム ポーチの植え込みに、いま、タイムが花盛りです。庭のコモンタイム、レモンタイム等の開花はまだですが、花タイムはもう、だいぶ前から咲き誇っています。タイムは花期が長いのでグランドカバーには最適ですね。花タイムは綺麗ですが、匂いはないので少し残念ですが手もかからないし、ほおっておけばいいので気に入っています。その狭いところに、ローズマリーピンク、シュウメイギク、ツルニチソウ、アイビーなどがひしめいています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/12 09:58
レウカンサ
レウカンサ  今年も、レウカンサ(メキシカンセージ)が咲きました。先日の台風で花姿はかなり乱れてしいましたが、紐を巻いて準備しておいたので、強風には倒れないでなんとか大丈夫でした。セージ系は茎がもろく折れやすいので、こと、立性系は台風には要注意です。隣のチェリーセイジなどは、根元から二つに裂けてしまい、接着剤でつくものかどうか、いま、困惑しています。植木用の特別な接着剤ってあるのでしょうか。とにかくセージ系は茎がもろいので、扱いには要注意です。レウカンサは乾燥しても花色がそのままなので一束ドライフラワーにし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/12 14:54
ラベンダー・ピナータ
ラベンダー・ピナータ  プテロストエカス系ラベンダーのピナータです。葉がレース状なのでレースラベンダーともいいますね。寒さに弱い(耐寒温度0℃)ので昨冬は鉢植えを夜は室内に取り込みました。本来四季咲きなのですが、昨秋、誤って剪定し過ぎたため今年は花のつきが悪いです。それでもなんとか持ちこたえて今年、今、やっと咲きました。庭に植える場合は、霜が降りるまで1年草として利用したほうがよいです。このラベンダーはカンファーの匂いがきつくてハーブとして利用は出来ません。もっぱら観賞用です。花姿はラベンダーの貴婦人という感じで清楚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/15 07:29
キャットミントが青虫に・・・
キャットミントが青虫に・・・ キャットミントを地植えにして1ヶ月、見事に再生して・・・と思っていたら、猫の次は青虫の被害 ! 雨が多いせいか今年は害虫の被害が多い。その虫を食べるアマガエルやカナヘビも通年より多いような気がする。それでも、キャットミントは害虫にも負けず、庭のあちこちに種を撒きちらし芽を出しています。ミントは強い!!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/13 06:20
オータムセージ
オータムセージ  庭のオータムセージ(和名/チェリーセージ)が咲き誇っています。セージ系、背の高くなるものは枝が折れやすく扱いにくいです。しょっちゅう枝を折ってしまいます。このセージは春に枝を刈り込み太く勢いの枝を伸ばすと生育がよく、花付も多くなります。ラベンダーと違いセージは栽培がしやすく種類も多いし楽しいハーブですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/09/11 07:17
カールドンが一輪
カールドンが一輪 実家の方へお墓参りに行ってきました。 お墓には、ほおずき、キンセンカ、ゆり、などを供えてきました。実家の畑で作っていたもので、ちょうどこの時期に咲かせるのがむづかしいといっていました。露地栽培なので気候に左右されるのでしょうね。じぶんで育てた心のこもった花のお供え・・・きっと御先祖様も喜んだでしょうね。また、わたしのいとこは、畑でたくさん並ぶハウスの中で栽培した花を出荷していますが、暖房や、大型冷蔵庫で花期を調整するそうです。早く咲かせるより花期を遅らせるほうがむづかしいといっていました。いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/14 07:38
はまなすの南限は茨城県。
はまなすの南限は茨城県。  画像は、旭川市で撮ったものですが、はまなすの南限は茨城県だそうです。そういえば、鹿嶋市(旧大野村)にはまなす公園がありました。はまなすはローズの仲間で、果実にはビタミンCがたくさん含まれていて、果実酒などで利用されることが多いようです。「はまなすの咲く頃・・・」知床旅情・・・いかにも北海道を代表する花という感じですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/22 07:11
忠和公園のラベンダーA
忠和公園のラベンダーA  忠和公園の西側のラベンダーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/21 07:07
忠和公園のラベンダー@
忠和公園のラベンダー@  旭川市中和公園のラベンダーです。たぶん、濃い紫だとおもいます。今年の、北海道のラベンダーは例年より1週間遅れだそうです。1週間前に撮ったもので、3分咲きでした。富良野も今週あたりが見ごろだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/21 07:03
ばーちゃんラベンダー
ばーちゃんラベンダー  庭の主、ばーちゃんラベンダーが咲き始めました。6年前に親戚から頂いたラベンダーを山茶花の下に植えておいたもので、ラバンディン系ラベンダーのようなのですが、当の親戚でも名前は分からないそうです。幹は太いところで径2.5cmもあります。ラベンダーは常緑性低木ですから、年数がたつと、まさしく「木」であることが分かります。ラベンダーの寿命は10〜15年ともいわれます。肥料もやらない、水もやらない、ほったらかし(秋に剪定はしますが)でも、アメニモマケズ、カゼニモマケズです。我が家のラベンダーたちを見守り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/06 07:24
グロッソA
グロッソA  グロッソ(3年生)2鉢です。来年はもっと大きな鉢をと思い、手ごろで、しかも、ラベンダーに似合いそうなものを、花木センターなどで探していましたが、やっと見つかりました。よく街路の歩道などに置いてあるコンテナ風木製鉢(直径約45cmぐらい)にしました。材質は枕木の古材のような硬い木なのでそうとう丈夫そうです。1個、4,500円でしたのでおもわず3個買ってしまいました。花が主役だとすると鉢はステージです。前から気に入っていたお店の売り物でない鉢を、どうしてもということでねだって売っていただいたり、最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/05 07:26
グロッソ
グロッソ  ラバンディン系グロッソが今、盛りです。南フランスでグロッソ氏が作り出した交配種のラベンダーです。花も美しいコモン系(アングスティフォリア系)と、野性味かおる丈夫な性質を持つスパイクラベンダーの長所をミックスさせた、いわば、「いいとこどり」のラベンダーです。ラバンディン系ラベンダーは、が体が大きく、葉茎、花茎が長いのですぐに分かります。茎が長いのでスティックなどのクラフトに最適です。耐暑性、耐病性も強く、ただ一つラベンダーを栽培するとしたら、グロッソがオススメです。3年目ですが直径60cm〜にな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/04 07:18
キャットニップを茶で・・・
キャットニップを茶で・・・  どうして猫が喜ぶのかわかりません。あまりよい匂いではないし。。。動物と人間の感覚は全然違うものなんですね。そういえば新鮮な魚よりも、猫は生きの悪い生臭いのが好きですものね。ということでひとり納得しました。ニップのにおいは薬にあるようなにおいです。でも花は清楚な感じできれいですね。ニップは胃腸に良いので茶にして飲もうと思っていましたが、大量に飲むと幻覚症状が現れるというので、注意注意。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/03 07:33
ラベンダー・ラバンディン
ラベンダー・ラバンディン  ラバンディン系ラベンダーです。アラビアンナイト、ミスドニングトン、デーリーデーリーの3種類ですが、みな似ているのでどれがどれか分からなくなってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 08:13
カレープラント
カレープラント  カレープラントがちらほら咲き始めました。カレーのスパイスにはできないようですが、近づくだけでもカレーのよい香りがするので、毎日、カレーを食べているみたいです。匂いの元は細長い白銀色の葉で、花はカレーの匂いはありませんでした。葉を手でもんでみたら半日匂いが消えませんでした。結構強烈です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/30 21:28
ブルーベリーの効力・・・
ブルーベリーの効力・・・  今年も、つみたてのブルーベリーをいただきました。海野さん(謙次郎ファーム)いつもありがとうございます。おもわず、一度に5、6個口にほおばってしまいました。半分は生食で、あと半分はジャムにしようと思います。   ブルーベリーは人の眼をよくするってホント・・・  ことの起こりを調べてみますと、第二次大戦中、イギリス空軍のパイロットが毎日パンと同じぐらいのブルーベリーのジャムを食べていたそうです。そのパイロットが夜間飛行、明け方の攻撃で薄明かりのなかでも物がはっきり見えたと証言したことに始まり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 10:54
ラベンダー・ブルーマウンテン
ラベンダー・ブルーマウンテン  コモン系遅咲きのブルーマウンテン(2年生)です。このラベンダーが、私は一番好きです。ラベンダーの花の色はほとんどが紫色ですが、種類によって微妙に濃さや、彩りが違います。当初、私がイメージしていたブルーマウンティンは開いた花穂の部分がワイン色、房はパープルでした。でも、今年見るとやや、そういう感じには見えます。ブルーマウンテンはほかのラベンダーと比べて茎がやや細く、清楚で、そのたたずまいに気品があります。これで今年のコモン系は終わりです。引継ぎはラバンディン系(交配種、雑種)です。ラバンディンも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 07:01
おかむらさきA
 地植えのおかむらさきです。5分咲きというところでしょうか。花壇をおかむらさきでいっぱいにしようと思い、昨年、6株苗を植えましたが、2株だけしか大きくなりませんでした。期待がはずれてしまいました。花が終わったら、その2株を鉢植えにし、今度は、ここの場所には大きくなった鉢植えのストエカス系エイボンビューを植え替えよかなと思っています。ローズマリーでもいいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/25 17:47
おかむらさき
 コモン系遅咲きラベンダーの開花が始まりました。鉢植えのおかむらさきです。どうも地植えより鉢植えのほうが早く開花するようです。富良野では殆どがこのおかむらさき。観賞用サイトではこいむらさきという感じです。7株ありましたが、順調なのは3株だけで、とくに地植えのほうでの4株が大きくなりませんでした。環境に合わなかったのだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/24 08:22
ラベンダー・デンタータのさし木
 例の、お化けデンタータのさし木です。親株と同じ性質を持つ株を手軽に増やすには、さし木 が便利です。なんといっても親株と同じDNAですから、間違いなく同じものになります。茎の部分がやや硬くなった若い枝を使います。節のすぐ下を斜めにカット、1時間ぐらい水揚げしてから、赤球小粒や水はけの良い土に挿します。1週間ぐらいは半日陰に置き、水やりは毎日します。その後は根腐れれしない程度に1日おきぐらいに水やりをします。1ヶ月ぐらいしたら根が着きますので、それからビニールポット植え替えをします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 08:01
ラベンダーの手入れ
 ラベンダーは、水やるな! 肥やしやるな! 日当たり! 風通し! 水はけ! が栽培のコツといいます。まず、ラベンダーは乾燥気味に育てることが基本です。庭植えの場合は、植え付け後には水はやりますが、根付いたあとは自然に任せます。鉢植えのほうは表面の土が乾いたら水やりをします。夏は、わたしは夕方涼しくなってから水やりをします。花の収穫が終わったら、苦手な夏を乗り切るために、花が咲かなかった枝を切戻し、枝をすかして、株の内側まで風と日光が届くようにします。ラベンダーは蒸れに大変弱いので、枝にこびりつい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/22 07:40
ラベンダー・ロイヤルパープル
 コモン系ロイヤルパープル(小型種)。花穂がうす紫色で爽やかな色です。2年目ですが、耐暑性もあり、栽培しやすい種類です。花が咲くとほかの種類とは明確に色が違うので、ネームプレートがなくても覚えやすいです。そろそろ庭の早咲き系は終期に入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/21 07:24
ポプリに。。。
 遅ればせながらこいむらさきを収穫しました。ポプリにしようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/20 17:09
トゥルー、満開 !
 トゥルーも、満開です。紫色が多い中、白いラベンダーはひときわ目立ちます。ラベンダーは紫だからよいという人もいますが、黄色ラベンダーや赤ラベンダーなど、ほかの花のようにさまざまな色があったらもっと楽しいでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 07:42
咲かせてしまいました。こいむらさき
 今日こそはと思いながらも、今日も収穫できませんでした。こいむらさきも、いま、全開です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 17:48
ヒッドコート
 ラベンダー・ヒッドコートです。コモン系ではポピュラー種、濃い紫の蕾がきれいなので、数年、手元において観察しておりますが、もともと小型種ではありますが、それにしてもほかのものと比べてもなかなか株が大きくなりません。昨年も、苗をほかのところから仕入れましたが、前のものと同じような感じです。管理のしかたがまずいのか、環境に適合しないのか、よく分かりません。どうも、わたしとは相性が良くないみたいです。でも、今年も、それなりにきれいな蕾が膨らみ始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/16 07:20
ラベンダーようていが全開間近!
 いよいよ、ようていも開花です。蕾の先が濃い紫色に変化して、さらに、薄紫色の花穂がちらちら2、3分咲きのこのころのラベンダーが私は一番好きです。このころが香りが一番よいようで、ステックやドライにするには頃合です。この時期になると満開への期待感と咲ききらぬうちに刈り取らなければならないラベンダーへの哀惜の思いが心の中で渦巻きます。寒い冬を乗り越えてやっと花開いたラベンダーたちです。もう1日、もう1日となかなか収穫できません。毎日、憂鬱な日々をすごしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 10:18
ようてい、も・・・
今朝、ラベンダーようていです。今日の午後から日曜まで雨予報でしたので、急いで撮りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 09:44
ココナッツアイスも咲き始めました
 ココナッツアイスがピンクの花をつけ始めました。ラベンダートゥルー(白色)と並べておいたので、蕾はどちらも白色で、しかも同系でしたので、どちらがどちらか紛らわしくなってしまっていましたが、トゥルーは花も白なので、ここにきてはっきり区別できるようになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 10:18
こいむらさきが咲きましたB
 待ちに待ったこいむらさきが咲きました。梅雨空に困惑しながら、もどかしそうに、今年もやっと咲いてくれました。蕾の色は濃い紫ですが花はパープル色で可憐な感じです。ラベンダーにとって、とくにコモン系はこれからの時期、湿気が多く蒸す日本の夏は苦手なので気が抜けません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/12 21:08
ラベンダー・ココナッツアイス@
 ラベンダーで常に人気上位のココナッツアイス(コモン系、薄桃色小型種)です。通販の苗のものは2年たってもまだ貧弱なのですが、同時期に近くの花木センターで購入したものは同じ2年目ですが、株がしっかりしています。蕾はまだ白ですが、ここにきていっきに膨らんできました。苗にも当たりハズレがあるので、いいものに当たると嬉しいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/07 21:01
チェリーセイジも・・・
 今年もチェリーセイジが咲き始めました。チェリーセイジとは和名で、本名はオータムセージというらしい。チェリーセイジは、最近はめずらしくなくなりましたが(4、5年前にはなかなか苗が手に入らなかった)、福島のハーブセンターへ行ったときに購入したものです。ラベンダーの前は、コモンセージから始まりいろいろなセージやバジルの種類を庭で楽しんでいました。バジルも大好きで、食用のスイートバジルは欠かしたことがありませんが、なつかしい観賞用のアフリカンブルーバジル(大型種で花も葉もきれいです)を今、探しています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/07 07:20
ラベンダーようていが今・・・
 コモン系北海道産の3年目のようていです。こいむらさきに続き蕾がだんだん膨らんできました。富良野では、こいむらさき→ようてい→おかむらさき→はなもいわの順番でわずかながら時期がずれて開花しますので、同じように少しでも長い期間、家で楽しめるように鉢植えにしています。関東では、コモン系やフレンチ系は、夏は木陰に、冬は木枯らしをよける場所に移動できるので、鉢植えのほうが良策ではないかと思います。地植えしたものは2年目までにはほぼ全滅でした。でもおかむらさきは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/06 07:39
ブルーキャットミントが・・・
 3株あったブルーキャットミントが、大きくなる前に食べられて丸裸にされてしました。今あるのはキャトミントです。犯人は毎日庭を横切る大きな野良猫でした。「猫が食するのでキャットミントというのか」と一人合点しました。ブルーキャットはキャットミントと比べてなんともいえない、妙な甘い香りがします。猫でなくてもうっとりするような香りです。ハーブ図鑑で調べてみると、キャット二ップとキャットミントは同系だそうです。どうりで猫が好きなはずです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/05 07:36
摘み取りラベンダー・ストエカス
 今朝、ストエカス系の摘み取りをしました。ラベンダーは種類に問わず蒸れに弱いので、ついでに切戻しをし、風通しが良くなるように、さらに、下葉を刈り込みました。ストエカスの摘み花はカンフー臭がきつくてあまりよい匂いではありませんのでドライフラワーなどにはむかないと思いますし、ストエカスの適当なリサイクル案が浮かびません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/04 08:43
スクスク、ラベンダーの苗
 昨年10月にさし穂したラベンダーの苗です。グロッソとおかむらさきが半分づつです。ラベンダーは、さし穂でどんどん増やせます。半年でもうこなんなに大きくなってしまいました。花茎も一丁前にどんどん伸びてもうすぐ開花です。欲張って他の種類もたくさん作ってしまったので大きくなるにつれて管理が大変 !ということに気づきました。鉢は100円ショップで買い集めておいたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/03 07:55
ラベンダー・こいむらさきA
 今朝の、こいむらさきです。つぼみが膨らんでくるにつれて蕾の色も薄紫から濃い紫に・・・ 来週あたり開花か。。。関東なので、たぶん、富良野よりも1ヶ月ぐらい早いのではと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/02 11:37
!びっくりデンタータ
 仕事で、たまに通る国道6号のつつじの植え込みに大きなデンタータの株を見つけました。子供の背丈ほどもあったので、まさかと思いましたが半信半疑で近づいてみると、まさしくラベンダー・デンタータでした。こんなに大きな見事なデンタータを見たのは初めてでびっくりしました。しかも、路側帯で。そこは海岸から近く高台で風通しはよく、日当たりも最高で、道路より一段高くなっているのでたしかに水はけも良い。デンタータは暑さには強いですが、非耐寒性(−5°)なはずなのですが冬場はというと、たぶん植え込みのつつじのガード... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/01 07:44
ラベンダー・トゥルー(白)
 いよいよ、コモン系の季節です。順番でゆくと、濃い紫、ようてい、ヒドコート、トゥルーの順番でつぼみが膨らんできました。ラベンダーもいうに及ばず、ハーブは地味な花が多いですね。ラバンディン系は、注意してみないと見過ごしてしまいますが、やっと花芽がつき始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/31 10:01
こいむらさき(濃紫早咲3号)@
 ストエカス系の花期が終わり、そろそろコモン系の季節になってきました。「こいむらさき」も4年目になりました。2鉢あったのですが、1鉢は昨年ダウン、枯れてしまいました。たぶん、こちらの気候に合わなかったのだろうと思います。コモン系はいかに夏を快適な環境にするか注意が必要です。思い当たることがあり、夏蒸れ対策に、今年はラベンダー鉢植え全体にバークチップでマルチングをほどこしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/27 07:10
マーシュウッドE
地植えのラベンダー・マーシュウッドが、いま全開です。株を大きくしたいので、名残惜しいですが、そろそろ剪定してしまおうと思います。3株植えてありますが、1株、北風が直接あたる場所なので、冬越しがつらかったようで、枝も一部枯れてしまい、花の付きもよくありませんでした。ことしの反省材料にしたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/26 07:21
チャイブが一輪
オレガノの鉢から、なんとチャイブが咲きました???いや、チャイブの鉢をオレガノがいつの間に占有???どちらか忘れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/24 07:40
名残惜しいストエカス
 ストエカス系がそろそろ終わりに近づいています。ほおって置くと株が疲弊するので来年のために、名残惜しいですが剪定してしまいました。最後のストエカスを瓶に生けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 07:03
ラベンダー・ヘルムスデール
 2年目のヘルムスデールです。ストエカス系ラベンダーのなかでは、幹が太く、枝葉がしっかりしていて、見栄えもよく、栽培しやすいです。挿し木でたくさんストックを作っておこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/21 18:40
ラベンダー・エンジェル
 ラベンダーは紫色ばかりなので、白とか、赤とかのラベンダーをみるとホッとします。エンジェルは2年目ですが、花の重みでなのか枝が捻れてしまったり、元から幹が裂けてしまうのもあり、接着剤で修復したりして、このラベンダーは管理が大変です。「美人薄命」というか美しいものは・・・、結構手間がかかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/19 20:35
マーシュウッドD
今朝の、ラベンダー・マーシュウッドです。包葉がだいぶふくらんできました。天気がはっきりしない日が続き足踏み状態です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/18 07:43
ラベンダー・マーシュウッドC
(5/14)いよいよ、マーシュウッド全開寸前です。ラベンダーも3年ぐらいすると、幹や枝もしっかりとしてきます。でも、地植えで、冬の寒風にさらされた場所のストエカス系はほぼ全滅でした。ストエカス系は耐寒−10までなので安心していましたが、どうも、冬場の北風にさらされると弱いようで、要注意です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/15 07:35
マーシュウッドB
2年前にホームセンターで購入したラベンダーマーシュウッドです。土の入れ替えをして地植えにしておきました。3株とも今年はこんなに大きくなり、今、まさに開花寸前です。手前は、ブルーキャットミントです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/12 07:11
タイム
 今朝のタイムです。タイムも咲き誇りました。タイムはひっそりと美しいたたずまいが好きです。タイムも群生すると見事ですよね。折りみて、ラベンダーのマルチングがわりに庭に移植しようと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/02 07:12
ラベンダー・ストエカフ
エル・ストエカフ(スパニッシュ系ラベンダー)です。冬越しが上手くいったので、なんと、もう蕾が膨らんできました。ラベンダー、今年一番乗りです。そのほか、同系のエイボンビューも蕾を持っています。地植えの同系マーシュウッドは紫に紅葉していた葉がすっかり緑になったところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/17 07:42
冬ごもり2
アメジストセージも冬ごもりしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/11 12:23
ブルーキャットミント
先月仕入れた、ブルーキットミントです。寒さにも負けずどんどん成長しています。なんと、今の時期に紫色の花も咲かせています。ほふく性で、黄緑色の葉、香りもさわやかで、すごく気に入ってしまいました。来春の地植えが楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/26 09:25
発根率50%
挿し木する時に、発根剤塗るのをサボってしまいました。そのためか、挿し木30本のうち15本(発根率50%)しか発根しませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/30 13:49
パイナップルセージ
何年か前、多年草とは知らず、引き抜いてしまったことがあります。「来年も楽しみにしてたのにぃ・・」と女房殿に怒られてしまいました。翌年、たまたま親戚にあったものを株分けしてもらいましたが、とろけてしまいました。罪滅ぼしに今年苗から育てたものです。葉っぱを手でもむと、パイナップルの甘酸っぱいよい香りがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 50

2005/10/22 07:24
メキシカンセージです
冬になり、茎が立ち枯れしても、花穂の濃紫のままでドライフラワーになってしまう不思議なセージです。3株(3歳株)植えてありますが、来年は、この場所に、ラベンダーを植えようと思いますので、、3株全部差し上げます。茨城県在住でご希望の方はご連絡ください。(アドレス/sekine_kiyomaru@muc.biglobe.ne.jp) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/21 07:12
メキシカンブッシュセージ
セージは秋に咲く花が多いようです。鉢植えのメキシカンブッシュですが、メキシカンの濃い紫色に比べて、薄紫の花筒から出る白い花穂がなんともいえない色合いです。降り続く雨の重さで茎が元から裂けてしまいました。セージ系は茎がもろいですね。ちょっとひねっただけでも折れてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/18 06:59
ローズマリー
去年は、ちらほらだったローズマリーが今年はたくさんの花穂をつけました。庭に何種類かありますがこのローズマリーが一番好きです。このローズマリーの名前は忘れてしまいました。時期は来春のほうがよいのですが、待ちきれないので、さっそく、明日、挿し木にして来年用にストックしておこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/14 20:54
フラワーヒル.続き
ハーブティーやケーキも美味しかったですよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 07:18
ブルーキャットミント
 ハーブガーデンにあったブルーキャットミントです。春から夏にかけて淡いブルーの花をつけますが剪定してあげると、秋にもちらほら花が咲きます。香りはペパーミントほど強くはないが、どちらかというとさわやかなペパーミントという香りです。葉色は淡いグリーンがとても綺麗です。どちらかというと観賞用向きだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/02 07:29
ハーブガーデン「フラワーヒル花ぞの」
 そういえば、先週、岩間町「フラワーヒル」に行ってきました。ハーブだけでなく、四季折々の花が楽しめます。当地は、ブルーベリー畑(8000u)とハーブガーデンのほかコテージ風の喫茶店まであり、愛宕山を一望しながらハーブティーなどが味わえます。庭にはローズマリーや、コスモス、メドーセイジが今見ごろ。庭には憧れのコニハーの小道や、薔薇のアーチ、ゆったりとした英国風の庭園を目指しているらしい。なんと個人経営。個人でこれだけやれるのはすごい ! そこで見つけました。ブルーキャットミント。あいにく苗は今置... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/01 18:24
メキシカンセージ
 今年も咲きました。 今、七部咲きのメキシカンセージ。 これから霜の降りるまで鮮やかな濃い紫の花穂をつけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/27 07:02
咲いたよ・・ペパーミント
庭の鉢植えのペパーミントの花が咲きました。 ついつい葉を一つまみ、指で揉んでは匂いをかんでしまうのが癖になってしまいました。 気分がスーとしますので・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/10 11:20
つづき・・・
今朝撮ったおかむらさきの画像です。 夏の酷暑を乗り越えられるか心配です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/30 10:03
おかむらさき
富良野では、いま、遅咲きの「おかむらさき」が最盛期とのこと。「おかむらさき」はイングリッシュ系(イングリッシュ系とは俗称だそうです。先週買ってきたグロッソもイングリッシュ系だそうです)なので夏蒸し暑い関東では相性が悪いようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/29 22:12
今年も元気なメキシカンセージ。
今年も、我が家のメキシカンセージが元気旺盛です。夏の盛りごろからうす紫の長い花穂をつけ、秋深まるに連れてそれは濃い紫になってゆき、それはとても綺麗です。霜が降りる時期になるとやがて茎は立ち枯れし始めますが長い花穂の紫はそのままでドライフラワーになってしまいます。茎丈が1〜1.5mになるので今年も台風の時期には風でで倒れないようしてあげようと思います。今年は5月に株分けして風とおりがよくなりました。去年はうっそうとしていましたが今年は涼しげな感じでたたずんでいます。株分けしたものは昨年来から約束... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/24 08:50

トップへ | みんなの「ハーブ」ブログ

アフター5 ハーブのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる